11月25日

本といえば本文用紙の集積を硬い表紙と裏表紙で挟み込んだものだが、たとえば卓上カレンダーには裏表紙がなく、1ページぶんの硬い表紙がそのままスタンドになっている。そして本が180度の見開きをひとつの単位としているのに対して、卓上カレンダーは360度回転で1ページずつ表示することを想定している。しかも最初を表1とすればめくると表3が出てくるので、ものによっては表1→表3→表1で最後までめくって反対方向からこんどは表4→表2→表4と進む場合もある。本は180度で左右に開くのでぱらぱらとページをめくりやすく、上下に360度めくる卓上カレンダーは、めくる行為をいちど限りのものもして考えている感じがある。日記本のことを考えていた。

投稿日:
カテゴリー: 日記

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA