2月2日

 マンション建つの早過ぎ問題というものがあるなと思う。建て始めたなと思ったらひと月もしないうちにもうそれっぽいものになっている。10階建以上のものは1年以上かけて建てるべしとか、そういうルールがあるべきだと思う。タワーマンションの空室問題とかも、中国資本がどうこう以前に個々の建築スピードが関わっている気がする。

 周縁の過疎と中心の過密があって、さらに中心の内部に都市のドーナツ化現象が引き起こされるというセオリーは今後どうなるんだろうとふと思った。都市のドーナツ化現象という言葉の語感は好きだ。東京はもともと皇居という穴の開いたドーナツなんだとバルトは言ったけど、今はどこも皇居周りみたいな感じだ。

 あと、何の店に入ってもあるビニールやアクリルの仕切りは汚れが目立つのでやめてほしい。どうしても仕切りがいるのならベニヤや化粧板にしたほうがいい。見通せるということがそんなに大事だろうか。せっかく換気してるんだから、迷路みたいに内側の襞を入り組ませて、外と中の関係のモードを増やして複雑にしてほしい。

投稿日:
カテゴリー: 日記

2月1日

 起きたら午前3時。起き抜けに吸ったら煙草が切れたのでコンビニに行く。台風の前みたいに風が強くて空気が湿っていて、ぜんぜん寒くない。煙草と、たいして飲みたいわけではないがセブンカフェのコーヒーを買う。たいして美味しいわけではないが買ってしまう。セブンのコーヒーはなぜか、飲むといつも車でどこかに行く途中に寄って飲んでいるみたいな気分になる。

 2016年の夏、茨城であった県北芸術祭の準備を手伝いに行っていて、使われていない山奥の民家に1ヶ月間住み込んで、車がないとどこにも行けない地元と似たような場所で、車のないスタッフやアーティストや物を運んだり、会場になる廃校や何かの鍵を開けたり閉めたりしていた。毎日数十キロ走っていて、あのときがいちばん集中的に車の運転をしていた。どんどん飛ばしても誰もいない。そのときも毎晩セブンに寄ってコーヒーを飲んでいた。

 こないだ大和田俊に会ったとき彼が車が欲しいという話をしていた。確かに車で遊ぶ方が楽しいだろうな、特に今はお店もすぐ閉まるしと思った。みんな田舎みたいな遊び方になるのかもしれない。

 学部生の頃はまだ地元の友達としょっちゅう遊んでいた。誰かが親から借りてきた車に乗り合わせて、福山の海岸沿いにある、銭湯と映画館とパチンコ屋とカラオケとボーリング場とフードコートがくっついた、24時間営業の「コロナワールド」によく行っていた。駐車場からは狭い海を挟んで、JFEのコンビナートの煙突から炎が上がっているのが見えた。

 

投稿日:
カテゴリー: 日記

1月31日

 先延ばしにしていた事務作業をいくつか片付けてゲームをして、とんかつを食べて本屋に行ってコメダに行った。

 久々に実家に連絡する。母は仕事の都合で市から出られない状況がまだ続いていて、犬は太り過ぎでヘルニアになったらしい。

 晩ご飯にシチューを作って食べたら強烈に眠くなり、起きたらもう朝だった。お風呂に入ろう。

投稿日:
カテゴリー: 日記

1月30日

「要するに、原因はうまくいかないものにしかないのです」

————ジャック・ラカン『精神分析の四基本概念』

 昼寝をした方がいい日記が書けるのかもしれないと思い、寝てみたら思ったより寝てしまい日付を跨いでいた。

 その日あったことを書くことは、毎日を現在で充填することだ。この場合、起床から就寝までのあいだに食べたものとか会った人とかやった仕事とか何らかのフレームに寄りかかって日々の出来事を圧縮することになる。(いつかまたこの)現在に追いつくための「タグ」。それは日記というより日誌的なものに近づくだろう。この日記は今のところそういうものではなく、日々のスカスカ感、「今日」というものの脆さに寄りかかって書かれている。

 今朝、昨日の日記を書くのに1時間もかかり、そのうえあんまりよく書けなかったのでヘコんでいた。昨日は都内に出て人に会って展示を見てといろいろあったし、とくに展示についてはちゃんと書かなきゃと思ってしまいダメだったんだろう。固有名には雑に扱える角度からアプローチする必要がある。とはいえあんまり何にもないと日記について日記で書くことになってしまう。

1月29日

 帰ってきてすぐに寝て、起きたらもう朝だ。ロッテのチョコパイがあったので食べて、コーヒーを淹れる。

 昨日。新宿で降りて代々木まで歩く。山内祥太の「第二のテクスチュア(感触)」へ。待ち合わせていた大和田さんが来ないので先に見て喫茶店で時間を潰す。1時間後に展示を見終えた彼と合流した。馬喰町へ移動して今度は永田康祐の「イート」を見る。大和田さんは二度目だったが付き合ってくれた。

 横浜に帰ってきて駅から出て、耳が痛くなってきたのでマスクを取った。そういえば昨日、ということは一昨日、博論公聴会で使うzoomウェビナーを平倉さんと試してみた。見学者役でさとしゅんと関さんにも来てもらったのだけど、なぜか僕のマイクとスピーカーだけ繋がらない。イヤホンを有線にしたりPC内蔵オーディオにしたりしてもダメで、聞こえないし僕の声も向こうに聞こえていない。あれーとか聞こえますかーとか言いながら「zoom オーディオ 繋がらない」とかググっている自分の顔と、見学者と何か喋っているらしい平倉さんの顔が写っている。結局「オーディオに参加」をクリックしていないだけだった。ビデオ参加とオーディオ参加をどっちも選択しないといけないのは変な感じがする。ビデオのアイコンを押したら声も繋がってほしい。

 山内さんの個展は顔、永田さんの個展は食べたり喋ったりする口、こないだ見た大和田さんと大岩さんの個展はどちらも耳を扱っていた。何か顔周りでいろいろ起きているなと思いながら、疲れていたのでまとめるのは起きてからにしようと寝た。起きたけどたいしてまとまらなかった。

1月28日

 そうでなくとも週5日同じところに通って働くことに耐えられそうもないのに、こんな状況で医療の現場で働いている人には本当に頭が下がる思いだ。昨日は世界全体の感染者数が1億人を超え、死者は200万人にものぼるという報道もあった。あらためてとんでもないことだ。

 その後ゆるいみぞれに変わった冷たい雨が、スニーカーに少しずつ染みてくる。冬の雨は空を不気味なほど一様な白にする。子供の頃、父の運転するハイエースの後部座席にだらんと寝転がりながら、サンルーフを開けてそういう空を眺めていた。どこを走ってもその白が窓一面に張り付いている。ハイエースのジェームズ・タレル。本家よりずっと怖い。そのとき空間というものを初めて経験したのかもしれない。ずっと動いているのに、結局のところどこにも行けやしない。

1月27日

 夜中の雨で気圧も低く気温も下がらなかったからか終始眠くてしかたがなくて、朝4時に起きて二度の昼寝を経て、午前3時前に日記を書いている。

 近所のパン屋さんでパンとコーヒーを買ってきて朝ご飯にして、トマトとソーセージで簡単なパスタを作って昼ご飯にして、福富町の韓国料理屋からヤンニョムチキンとキンパを配達してもらって晩ご飯にした。

 これも近所の引越し先まで歩いて行って部屋をメジャーで測る。ノートにざっと写した間取り図に数字を書き込んでいく。電気が通っていないので寒くて、靴下越しに床にどんどん体温を奪われる。

 それで疲れてしまって眠かったのかもしれない。ひととおり終えてすぐ近くの珈琲館に入る。日本語と韓国語を高速で切り替えながら喋るおばちゃん3人の会話が背中から聞こえてくる。それで韓国料理が食べたくなったのかもしれない。

1月26日

「私は噴霧器ではないので、いくら押されても希望の霧などこれっぽっちも吹き出しはしない」
———— ヘンリー・ミラー「春の三日目か四日目」

 もう眠い。今日はなぜか朝4時に目が覚めた。

 文房具屋で太い芯が入るシャーペンを見かけて、なんとなく買ってみた。紙をさりさりと擦って書く。いつからか、紙を触ると嫌な音を聞いたときのような不快感を覚えることが増えてきた。このシャーペンはギリギリのラインだ。

 こういう現象には音と触感のあいだの共感覚的なものが関わっているのだろうか。ちょっと調べてみたらそういう仮説も検証の余地ありとする聴覚心理学の論文が出てきた。この線で考えるとして、少なくともたとえば黒板を引っ掻く音は「黒板」というものを喚起するから不快だとは言えない——これは嘔吐の音が「嘔吐」を喚起するのとは全く異なる——だろうからには、それは知的な表象に関わっているのではなく黒板の触感とその音とのダイレクトな(そして双方向的な?)換喩関係に関わっているだろう。不快の要因はこの換喩関係に他の感覚(視覚、嗅覚、味覚等)が入り込む余地がないことによるのかもしれない。

 だとするとこれは共感覚が引き起こす不快というより、共感覚の強制的で部分的なシャットアウトが引き起こす不快ということになるだろう。たしかにそういう音や触覚は、体を当の感覚が喚起する印象に吸着してしまうような感じがある。ASMRが安眠に使われているのと裏表の現象なのかもしれない。こちらはいつも、音から特定の触覚とともに視覚的な像、場合によっては匂いや味もセットで喚起する。それはそれで苦手なのだけど。

1月25日

 起きた。焼きそばを作るのを失敗する夢だった。ソースを入れるのを忘れて、これは塩焼きそばだと言って、後からソースで味変するんだと言い訳していた。

 それでこないだ見た夢を思い出した。大阪にいた頃のアパートを出る。西に向かって橋を渡る。左に折れて、森に挟まれた坂道を抜ければ海がある感じがする。自転車に乗っている。海がべつに見に行くようなものではなく、暗いコンビナートしか見えないことに思い至って、引き返すことにする。Uターンしているのを、コンビナートから帰宅しているらしい東南アジア系の男に不思議そうな目で見られ居心地が悪い感じがする。大したことは起こらないが悪夢だった。

 大阪では庄内という街に住んでいて、なかなかにダウナーな街だった。豊中市の南側にあり、北にある千里ニュータウンでの再開発のときに建てられたのだろういわゆる「文化住宅」がたくさん——とはいえ震災で多くが倒壊したらしいが——残っていて、夕方になると洗面器を持って銭湯に向かう老人をよく見かけた。夜中には、アパートの目の前の道端に、東南アジア系の男たち5, 6人が、真冬も真夏も座り込んで、しかし互いに喋るわけではなく、それぞれイヤホンをして誰かとビデオ通話をしていた。

 真っ暗な道だしさすがにちょっと怖いなと思いながら通っていたのだけど、その顔ぶれが少しずつ入れ替わっていくのに気づいて、彼らは出稼ぎで来ていて、おそらく何人かで決して広くはない文化住宅のひとつの部屋に住んでいて、夜中、つまり彼らの母国の8時だか9時だかくらいに家族や友人と通話しようとすると、寝ている仲間の邪魔になるのでわざわざ外に出て、しかしファミレスなどに行くこともできずにいるんだろうと思い至った。それからは彼らの前を通りがかるたびに、どうか気まずく思ったりしないでほしいなと思っていた。

1月24日

 午前7時、日記を書くのに最も似つかわしくない時間、そしてもう25日なのだけど、まだ「夜」で、まだ「24日」だ。こういうことはしょっちゅうあるだろうから決めておこう。翌日の正午までであれば、「その日」の日記になると。すると1日の切れ目が真夜中から正午にぐるっと反転することになる。これは実感に近いが、あらためて言葉にしてみると妙だ。

でも実際はもっとややこしい。今日はまだ寝られないからだ。10時半から今学期で唯一履修している授業がある。この単位を落としてしまうと博論が審査に通っても修了できない。寝られるのは授業が終わる12時になってからだ。正午で1日が終わるのであれば、その時間に寝るのは普通のひとが夜中に寝るのと同じだからいいんじゃないかという気もするし、同じだから何なんだとも思う。そんなパズルみたいなことより重要なのは、今眠いということだ。しかしこれから仮眠して授業を受けた場合、いつ1日は終わるんだろうか。次の「本眠」まで? すると1日が35時間くらいになる。日記を書くのに最も似つかわしくない生活。1日が始まったり終わったりすることへの嫌悪というものがどこかにあるのかもしれない。